体の内側からアプローチできる金の糸|美肌サポートWEB

女の人

医療機関の光治療

ウーマン

医療機関で受けられる治療の1つに、フォトフェイシャルがあります。エステでも光治療を受けることができますが、医療機関で使用しているフォトフェイシャルよりも、照射の出力が弱いので効果が低くなっています。東京の医療機関でフォトフェイシャルを受けるメリットは、さまざまな肌トラブルを改善できるということです。シミやそばかす、赤ら顔、シワなど幅広い症状に作用してくれます。そのため、1度の施術でも高い美容効果を得ることができるのです。シミやそばかすの主な原因は、メラニン色素です。過剰なメラニンが生成されることで、シミやそばかすができてしまうのです。東京の医療機関でフォトフェイシャルを受けることによって、光をメラニンに吸収させて分解することができます。

東京の医療機関でフォトフェイシャルを受ける場合は、まずクレンジングや洗顔料で化粧を落としていきます。医療機関の中には、無料で貸し出ししているところもありますが、中には持参が必要なところもあるので事前に確認しておいたほうが良いです。化粧を落としたら、冷却ジェルを顔に塗っていきます。光を照射すると、肌が熱を帯びて炎症や色素沈着を起こす可能性があります。冷却ジェルを使用すれば、そのような症状を防ぐことができるのです。光を照射する時間は、10分~20分ほどで、照射が終わったらジェルを取ってクールダウンしていきます。東京の医療機関を使用するなら、料金やサービス内容などをチェックしておいたほうが良いです。副作用や失敗はほとんどない治療なので、安心して受けることができます。